福島原発汚染水の海洋放出に関する外交部コメント「日本はダチョウの真似をするな」

人民網日本語版    2021年5月8日(土) 22時0分

拡大

外交部の汪文斌報道官は7日の定例記者会見で、日本の福島原発汚染水の海洋放出について記者からの質問に答えた。

外交部(外務省)の汪文斌報道官は7日の定例記者会見で、日本の福島原発汚染水の海洋放出について記者からの質問に答えた。

【記者】最近、韓国の政府要人、日韓両国の農業団体と漁業団体及び農業・漁業従事者が、福島の原発汚染水の海洋放出に反対の立場を表明し続けていることに注目している。ベトナム外務省も(日本は)責任ある態度で原発事故に対応するべきだと主張している。中国側のコメントは。

【汪報道官】日本の福島原発汚染水は世界の海洋生態環境の安全に関わることであり、各国国民の生命や健康に関わることであり、国際社会は常に日本側のこうした動きがもたらすであろう影響に対して強い懸念を表明してきた。また、日本国内でも広く反対の声があがっている。しかし今日に至るまで、日本政府は国際的な責任、義務、道義を顧みることなく、国際社会の関心に正面から向き合うことを拒絶している。

私たちは日本にダチョウの真似をしないよう忠告する。ダチョウのように砂の中に頭を突っ込んでしまえば、万事うまくいっているなどと思ってはならない。また私たちは日本政府が国際社会の重大な関心を直視し、世界の海洋環境と世界の公共安全と健康に危害を与える誤った政策、誤ったやり方を停止し、原発汚染水の処理問題で国際社会による、とりわけ利害関係国による実質的な関与、調査、監督を自覚的に受け入れるよう懇切に促す。(提供/人民網日本語版・編集KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携