孫悟空に「おやつ攻撃」、猪八戒になっちゃうかも?―中国

人民網日本語版    2021年5月7日(金) 11時30分

拡大

河北省渉県太行五指山景勝地ではメーデー連休中、孫悟空に扮した男性が観光客と交流し、この孫悟空にフルーツやおやつを与える観光客が引きも切らなかった。

(1 / 2 枚)

【音声ニュースを聴く】

その他の写真

河北省渉県太行五指山景勝地ではメーデー連休中、孫悟空に扮した男性が観光客と交流し、この孫悟空にフルーツやおやつを与える観光客が引きも切らなかった。景勝地によると、これはメーデー連休中に打ち出した新たなイベントプログラム。同景勝地の職員が孫悟空に扮し、毎日、午前は2時間半、午後は3時間、「孫悟空」として働き、観光客が少ない時に小休憩をとるのだという。中国青年網が伝えた。

中国のネットユーザーからは、「これぞまさに手を伸ばせば服を着せてもらって、口を開ければ食べ物を食べさせてもらえる理想の仕事!」といった感嘆するコメントや、「こんなに食べたら孫悟空じゃなくて、猪八戒になって出られなくなっちゃうかも」と心配するコメントも。

またコメントの中には、「一見するとうらやましいような仕事だけど、実際には孫悟空の恰好をして、サルのように演技しなきゃいけないし、観光客の前では孫悟空になりきらないと、客にも楽しんでもらえない。食べ物にしたって、与えられたものを断ることはできないし、うれしそうに食べて見せなきゃいけない。どんな職業も、どんな分野でも、プロフェッショナルな人は尊敬に値すべきだと思う」と指摘するユーザーもいた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携