メーデー連休の国内観光客2.3億人、観光収入1.9兆円―中国

人民網日本語版    2021年5月7日(金) 5時20分

拡大

中国文化・観光部がこのほど明らかにしたところによると、試算の結果、2021年メーデー連休期間に、全国の国内観光客は前年同期比119.7%増の延べ2億3000万人に上った。

(1 / 5 枚)

【音声ニュースを聴く】

その他の写真

中国文化・観光部がこのほど明らかにしたところによると、試算の結果、2021年メーデー連休期間に、全国の国内観光客は前年同期比119.7%増の延べ2億3000万人に上った。比較可能なデータで計算すると、新型コロナウイルス感染症の発生前の同期の水準の103.2%まで回復した。国内観光収入は前年同期比138.1%増の1132億3000万元(約1兆9249億円)に上り、比較可能なデータによると感染症発生前の77.0%まで回復した。人民網が伝えた。

中国観光研究院の調査によると、観光客の32.0%が「オンライン予約を体験」し、33.0%が「QRコードスキャンや顔認証などのペーパーレスチケットで観光地入りを体験」し、98%が「観光地の予約システムを受け入れた」。

連休期間中、全国のAランク観光地計約1万2000カ所が通常通りに営業し、全国のAランク観光地の約90%を占め、全国の最高ランクの5Aランク観光地の受け入れ観光客数は延べ約4800万人だった。農村地域の人々が旅行に出かけた割合は14.3%に達し、割合は上昇を続けている。

今年は中国共産党創立100周年にあたり、赤色観光(革命ゆかりの地をめぐるツアー)が人気だ。文化的要素が観光目的地の観光客誘致力を強化し、観光客の体験を向上させる重要な要因となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携