サムスン電子の副会長が仮釈放、経営復帰への期待が高まる=韓国ネット「韓国にサムスンがなかったら…」

Record China    2021年8月13日(金) 22時10分

拡大

韓国・サムスン電子の李在鎔副会長が13日、仮釈放された。資料写真。

韓国サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が13日、仮釈放された。韓国メディア・ヘラルド経済が伝えた。

李副会長は同日午前10時、京畿道義王市にあるソウル拘置所から仮釈放された。1月18日に朴槿恵(パク・クネ)前大統領の知人に賄賂を提供した罪などで懲役2年6カ月を宣告されて以来、207日での出所となった。

出所の際、李副会長は、国民への謝罪と併せ、「私に対する批判や懸念、期待は承知している。努力する」と発言。収監中に虫垂炎を患ったためか、以前よりも顔がやつれ、白髪が増えた様子だったという。体重も7カ月の間に激減したと伝えられた。

短いインタビューを終えると、李副会長は待機していた乗用車に乗り、そのまま瑞草洞にあるサムスン電子の社屋に向かった。11時ごろには社屋に到着した姿が取材陣に捉えられた。サムスン側の話では同日中に社長らを招集して会議を行う予定はなかったといい、李副会長はしばらく執務室でたまった業務案件に目を通し、経営復帰の準備を進めるとみられている。

記事は「半導体産業の競争が激化する中、サムスン電子がトップに立つためには大規模な投資や買収・合併(M&A)などの課題が山積している」と報道。「米国における20兆ウォン(約1兆8859億円)規模の工場建設投資プロジェクトも確定を控えており、平沢キャンパスへの追加投資や、人工知能のような未来の成長産業分野の買収なども、李副会長の復帰と関連し関心を集めている」と伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「よかった。お疲れ様でした」「本当におめでとうございます」「いい経験をしたと考えて、国家のために全力を尽くしてください」「これ以上彼を攻撃しないで。サムスンがなかったら韓国人はどう生きればいいの?」「過ちを犯したのは政治家なのに被害は企業家に。政治だけは三流の韓国」など、応援や同情のコメントが相次いでいる。

一方で、「仮釈放の場合、5年間経営に参与できないはずでは?」「国益のためにもしっかり働けるよう赦免して」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携