食欲旺盛な大型犬を保護した警察署「飼い主早く現れて」餌代に悲鳴―中国

Record China    2021年5月5日(水) 0時40分

拡大

中国のニュースサイト、観察者網の3日付報道によると、四川省彭州市の公安局はこのほど、SNSへの投稿で一風変わった「尋ね人のお知らせ」を行った。

(1 / 3 枚)

中国のニュースサイト、観察者網の3日付報道によると、四川省彭州市の公安局はこのほど、SNSへの投稿で一風変わった「尋ね人のお知らせ」を行った。

その他の写真

一風変わった「尋ね人のお知らせ」とは、「アラスカン・マラミュートの飼い主を急いで探しています。これ以上受け取りに来ていただけないと、警察署を食い倒してしまいます」というもの。

記事によると、警察に「交差点近くの路上にアラスカン・マラミュートがいるのを見た。近くに飼い主はいないようだ」との通報があり、駆けつけた警察官が飼い主を探したが見つからず、警察署で預かった。

大型犬のアラスカン・マラミュートは食事の量が半端なく、警察署は餌代に悲鳴を上げているという。

これについて、ネット上の反応を見ると、「ちょっと笑った」「困ったことがあったら警察へ」「早く飼い主が現れるといいね」「あと1週間したら警察官も腹ペコで動けなくなっちゃうぞ」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携