【So Young!】手話通訳士・荆小笛さん

CRI online    2021年5月2日(日) 19時10分

拡大

映像シリーズ『So Young!』では、国家と国民のために若き力を捧げる共産党員たちの姿をご紹介します。

映像シリーズ『So Young!』では、国家と国民のために若き力を捧げる共産党員たちの姿をご紹介します。今回ご紹介するのは、手話通訳士・荆小笛さんです。

荆さんの職場である「中国身障者芸術団」には、聴覚障害者をはじめとする100名以上の身体障害者が団員として所属しています。2005年のCCTV年越し番組で、21人の団員が一心同体の舞踊「千手観音」を披露した際には、たちまち国中が感動に渦に巻き込まれました。この舞踊は、団のレパートリーとして現在も伝えられています。

メンバーの大多数を占める耳の不自由な団員にとって不可欠な存在となっているのが、荆小笛さんのような手話通訳士です。彼女は、彼らが踊るための「耳」となり、「口」となっています。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携