故宮博物院の新陶磁器館がメーデーに一般公開―北京市

人民網日本語版    2021年5月5日(水) 5時20分

拡大

北京の故宮博物院では1日、2年間に及ぶ準備期間を経て、リニューアルした陶磁器館が武英殿で一般公開された。

(1 / 7 枚)

北京の故宮博物院では1日、2年間に及ぶ準備期間を経て、リニューアルした陶磁器館が武英殿で一般公開された。

その他の写真

新館は中国の陶磁器の発展の歴史を中心に、数千年にわたる発展の道のりを紹介するとともに、展示空間、コンテンツ・テーマの設計、展示品の数、展示スタイルと古い建築物との融合などでイノベーションを打ち出し、来場者にこれまでにない視覚的体験によって、広大で奥深い中国陶磁器文化の魅力をじっくり味わってもらいたいとしている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携