日本では“規格外”の強風で死者多数、旅客機も「持って行かれ」そうに―江蘇省

Record China    2021年5月1日(土) 16時30分

拡大

江蘇省各地で強風が吹き荒れた。日本では「それ以上」に分類される強風が吹き荒れたことで、11人が死亡した。南通市内の興東国際空港では駐機中の旅客機が転覆寸前に至った。写真は同市内の被害状況。

(1 / 7 枚)

中国メディアの観察者網によると、江蘇省各地で4月30日に強風が吹き荒れた。日本の気象庁風力階表で「それ以上」に分類される風が吹いたという。同省内では強風の影響で、11人が死亡した。行方不明者も出ている。同省南通市にある興東国際空港では駐機中の旅客機が「転覆寸前」になった。

その他の写真

日本の気象庁は、国際的に広く用いられているビューフォード風力階級を使っている。風速毎秒32.7メートル以上は一様に「風力12」で、それ以上の風力の分類はない。中国では「風力」ではなく「風級」と表現しているが、「風力12」と同等の「風級12級」以上の風の場合も「風級」が発表される。江蘇省内で30日に吹いた風は最大で「風級14級」であり、風速毎秒41.5-46.1メートルの風に見舞われたという。

観察者網によると、江蘇省内では強風のために樹木や家屋、電柱の倒壊、強風にあおられ川に転落するなどで11人が死亡した。また、漁船1隻が突風のために転覆して乗組員11人が水に投げ出された。2人が救助されたが、9人については捜索中という。

省内では、広告看板が倒れたり、樹木の枝が折れて道路を覆うなどの被害も出た。南通市にある興東国際空港では駐機中の旅客機が風にあおられ、移動しながら機首の方向が360度近く回転した。映像を見ていた関係者は「車輪止めが限界だ」、「(風が)もうちょっとでも強くなったら、そのまま転覆するぞ」などと声を上げた。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携