【CRI時評】はがされた西側陰謀家の「新疆の人権擁護者」の仮面

CRI online    2021年5月1日(土) 17時0分

拡大

国際労働節(メーデー)の前日の4月30日、新疆の多くの労働者が北京で行われた新疆問題の発表会で、労働を通じて素晴らしい生活を送っていると語った。

国際労働節(メーデー)の前日の4月30日、新疆の多くの労働者が北京で行われた新疆問題の発表会で、労働を通じて素晴らしい生活を送っていると語った。これら新疆労働者の経験は、西側の一部反中国勢力が喧伝する、いわゆる新疆の「強制労働」が偽りの命題であることを再び証明した。

国際世論の中で見られる「強制労働」というのは、西側の反中国勢力が新疆を中傷するために何度も用いるカードだ。彼らは新疆の綿花やポリシリコンなどの産業で自動化が広く実現している事実を全く見ず、反中学者アドリアン・ゼンツ一派がでっち上げた、でたらめな「研究報告」を持ち出し、「人権」を看板に新疆を中傷し、デマをでっち上げ、関係する団体や個人への問責、制裁を大々的に主張する。その目的は新疆が関わっているグローバル・バリューチェーンをめぐる協力を破壊し、中国企業の国際競争力を弱め、より広い範囲で「新疆問題によって中国を抑えつける」計画を実現しようとすることだ。

実は、西側の反中国勢力は真実を知らないのではなく、真実を全く必要としていない。彼らは新疆の民衆の「人権」を守ると主張するが、実際にやっているのは新疆の発展を損ない、人権を踏みにじる悪事だ。多くの事実と国際社会の正義の声によって、彼らの偽善の仮面はすでにはがされている。

「この世の美しい夢は、誠実に働いてこそ実現できる。」本日はメーデーだ。新疆の民衆および勤勉に奮闘するすべての人々は世界の人々の尊敬を集めるに値する。米国および西側の一部反中国勢力がどんなにうるさく騒ごうとも、新疆の発展と繁栄の歩みを阻むことはできず、新疆の民衆がますますよい生活を送るのを阻むことはできない。(CRI論説員)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携