中国、作業時間を延長してインドの酸素発生機の注文に応える―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月30日(金) 20時30分

拡大

北京時間の29日夜、駐インド中国大使の孫衛東氏はツイートを発信して、中国からインドへ提供する防疫物資の具体的な状況を説明した。

北京時間の29日夜、駐インド中国大使の孫衛東(スン・ウェイドン)氏はツイートを発信して、中国からインドへ提供する防疫物資の具体的な状況を説明した。

それによると、「中国の税関総署がまとめた統計では、今年4月以来、中国がインドに人工呼吸器5000台以上、酸素発生機2万1569台、マスク2148万枚以上、薬品およそ3800トンを提供した」という。

孫氏は28日のツイートでは、「中国がインドから受け取った酸素発生機の注文は少なくとも2万5000台に上り、中国のサプライヤーは作業時間を延長して生産に当たり、ニーズに応えようとしている。計画では、こうした医療物資を運ぶ貨物輸送機はすでに手配済みだ。中国の税関も関連の手続きで便宜を提供する」としていた。

26日、駐スリランカ中国大使館のツイッターアカウントが、「酸素発生機800台がすでに中国・香港地区からインド・デリーに空輸されており、今週中にさらに1万台が輸送される見込みだ」と発信した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携