韓国の居酒屋「注文は日本語で、韓国語を使ったら罰金」が物議=韓国ネット 「ここは韓国なのに…」

Record China    2021年5月1日(土) 19時20分

拡大

韓国・全州にある日本式居酒屋が、「注文は必ず日本語で。韓国語を使ったら罰金」というルールを掲げて注目を浴びている。写真は韓国の飲食店街。

韓国・全州にある飲食店が、「注文は必ず日本語で。韓国語を使ったら罰金」というルールを掲げて注目を浴びている。4月30日、韓国メディア・ニュース1が報じた。

記事によると30日、韓国のオンラインコミュニティーにおいて、「風変りな日本式居酒屋」というタイトルと共に某飲食店のルール表が掲載され、ネットユーザーらの目を引いた。店長が作成したというそのルール表には、「完全に日本式の居酒屋を体験することができます。ご注文は日本語でお願いします。韓国語を使った場合は罰金500ウォン(約49円)です(罰金は恵まれない子どもたちに寄付します)」との説明文が記されている。また、各テーブルには韓国語で表記された日本語会話のリストも設置されているという。

店長は2019年からこのようなルールを設定しているとのこと。その理由については、「日本で長く暮らす間、日本の人々にたくさん助けてもらった。最近は日本に対する悪いイメージや誤解が広がっているので、韓国の人々に日本文化を直接体験してもらいたかった」と説明。罰金についても、「日本語で注文してもらうことが目的であり、韓国語を使ったからといって罰金を受け取ったこともないし、今後受け取るつもりもない」と話しているという。

店長はまた、「お客様に直接日本語を教えたこともある」といい、「ここでは日本式のインテリアと日本料理を味わえるが、さらに楽しんでもらえることはないかと考えて日本語で注文するルールを思いついた」と語っている。

この記事に対し韓国のネットユーザーからは、「むしろ『日本語で注文したら500ウォンを寄付します』とすれば反応がよかったのに」「『日本語を使えば500ウォン割引』にすべきだった」「日本に行って商売すればいい」「ここは韓国なのに韓国語を使ったら罰金?こんな店が営業を続けられているなんて腹が立つ」「なんて情けない店長だ。みんな行かないで」など、反発の声が寄せられている。

一方で、「日本との関係が悪いのは分かってるけど、日本文化を体験してもらう試みの何が問題なの?」「こういうコンセプトなんだから何も悪くない」「現地と同じ体験ができるというコンセプトなのに、わざわざ記事にするから騒ぎになってる」「いいアイデアだね」「日本語の勉強に役立ちそう」など、肯定的な意見も多く見られた。(翻訳・編集/丸山)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携