舞台劇に初挑戦のシャオ・ジャン、「天賦の才と努力」共産党機関紙も特集で称賛

Record China    2021年4月30日(金) 15時0分

拡大

北京の日刊紙・北京青年報が29日、歌手で俳優シャオ・ジャンが出演した舞台劇「如夢之夢」の特集記事を掲載。プロデューサーのコメントを通じて、初挑戦の舞台でのひたむきな姿を紹介している。

北京の日刊紙・北京青年報が29日、歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)が出演した舞台劇「如夢之夢」の特集記事を掲載。プロデューサーのコメントを通じて、初挑戦の舞台でのひたむきな姿を紹介している。

上演時間が8時間にも及ぶ「如夢之夢」は、ここ20年の間に再演を重ねてきた有名な舞台劇。難病に侵され入院する患者の夢物語が2つの時代と5つの場所へと広まり、生死や人の運命、輪廻(りんね)転生といったテーマを描く。今月23日から湖北省武漢市で3日間にわたって上演され、今回はシャオ・ジャンの舞台劇初挑戦としても話題になった。

中共青年団の機関紙で、中国メディアの中でも大きな影響力を持つ北京青年報が29日、「如夢之夢」の武漢公演の特集記事を掲載。プロデューサーのワン・コーラン(王可然)氏に行ったインタビューによると、8時間の長い舞台劇の中、物語の核心となる人物を演じたシャオ・ジャンはリハサール開始時、出演者の誰もがまだセリフを覚えきっていない状況の中、大量のセリフをすべて暗記していたという。天賦の才はもちろんのこと、本人の努力が大きな結果を生んだと語っている。

5月1日から労働節(メーデー)の連休を迎える中国では今年、期間中に2億6500万人の移動が予測されている。29日、国営テレビ・中央電視台(CCTV)ではシャオ・ジャンを起用し、感染防止を呼びかける公共広告の動画を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で解禁。公開から瞬く間に閲覧量は1000万回を突破し、その影響力の大きさを示している。(Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携