中国で省またぎの旅行が今年の売れ筋に―中国メディア

人民網日本語版    2021年5月1日(土) 5時20分

拡大

中国国内の省またぎの旅行が今年、観光市場の「主役」となりそうだ。写真は西安博物館。

中国社会科学院財経戦略研究院、中国社会科学院旅游研究センター及び社会科学文献出版社が28日に共同で発表した観光緑書「2020‐21年中国観光発展分析・予測」によると、中国国内の省またぎの旅行が今年、観光市場の「主役」となりそうだ。澎湃新聞が伝えた。

緑書によると、過去1年、新型コロナウイルスの影響で、地域や省またぎの旅行がなかなか回復せず、安全を考慮して、旅行者の移動半径が縮小した。そのため、過去1年最も多かったのは「近場旅行」(64.4%)だった。以下、省内旅行(42.5%)、省外(国内)旅行(25.9%)と続いた。海外旅行に出かけた回答者は9.2%にとどまった。

一方、今後1年の調査結果は目に見えて異なっており、「近場旅行」を希望する回答者は48.1%に減少した一方、省内旅行は47.4%、省外(国内)旅行は45.8%まで増加した。また、海外旅行を計画する回答者もほぼ倍増した。

緑書によると、旅行者が旅行する動機や旅行を計画する際に考慮する要素、旅行のタイプを分析すると、旅行先を選ぶ際に、まず考慮することは「自然環境」となっている。その理由は、新型コロナウイルスの影響で、自宅隔離となった時間が長くなり、自然環境の良い所に行きたいという願いが強くなっているからだ。また、人が密集する場所はリスクが高くなるため、自然を楽しむタイプの旅行先なら、広々とした環境であるため、人が密集する可能性が低く、安全であると感じる人が多いのもその理由だ。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携