名画の中に入り込む?長沙市で没入型ゴッホ展―中国

人民網日本語版    2021年5月2日(日) 5時40分

拡大

「ゴッホがやって来た!インタラクティブ・アート展」が28日、湖南省長沙市にある長沙美崙美術館で開幕した。

(1 / 4 枚)

「ゴッホがやって来た!インタラクティブ・アート展」が28日、湖南省長沙市にある長沙美崙美術館で開幕した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

同展は、環球識夢設計公司の中韓両国技術チームによって丹精込めて作り上げた展覧会で、最新技術を用いてゴッホの絵画作品100点を立体的に再現し、展示している。風によって揺らめくような効果や奥行きを感じさせるリアルさで、鑑賞する人々はまるで絵画の中に入り込んでしまったような感覚を味わうことができ、ゴッホの描いたアートの世界を心ゆくまで楽しむことができる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携