上海の無人・全自動5G「細胞バンク」―中国

人民網日本語版    2021年5月2日(日) 6時30分

拡大

上海市浦東区では5Gネットワークにより、無人・全自動の「細胞バンク」が実現しつつある。

(1 / 4 枚)

上海市浦東区では5Gネットワークにより、無人・全自動の「細胞バンク」が実現しつつある。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

記者は27日、上海張江科学城の「起源細胞バンク」を訪ねた。細胞は5G細胞バンク内で、氷点下196度の低温設備の中にしっかり保管されており、突発的事態が発生した場合、サンプルは緊急で搬送されることも可能。

保管されるサンプルは「ハニカム構造の個室」に入り、自動的に液体窒素が充填される。真空・陰圧の状況下で自動的かつ正確に取り出される。

全自動化を実現するため建物内が5Gでフルカバーされている。ロボットが指令を受けると、窓口でのサンプル伝送から、ハニカム構造の独立ユニット保管ケース内から冷凍細胞を取り出すまで、すべての動きが正確で、ミスがない。

上海電信浦東局の関係責任者である路穎(ルー・イン)氏によると、細胞バンクのような屋内の5Gカバーは比較的難しい。同社はこの細胞バンクの特殊な需要に向けた屋内カバープランをオーダーメードした。細胞バンク全体にはおよそ20-30の5G屋内小型基地局があり、細胞バンク使用の需要をほぼ満たすことができる。

細胞バンクに設置されている独自開発の自動化保管設備とAGV(無人配送車)が、中国電信5Gエッジコンピューティング全自動調整システムにより運営・メンテナンスを行う。

5G SAネットワークアーキテクチャをバックに、細胞バンクは5G-IoTにより異なる自動化設備と各種類のロボットの相互接続と連携を実現する。

起源細胞科技集団有限公司副総裁兼マーケットディレクターの韋嘉(ウェイ・ジア)氏によると、一般的な手動保管と比べ、自動化保管には▽凍結・融解の繰り返しを回避▽細胞の活性を保証▽情報管理保障の検索・抽出の効率が高い――といった優位性がある。

起源細胞科技集団有限公司と上海電信が共同開発した、中国初の無人・全自動5Gモデル細胞バンク。

起源細胞バンクは独自開発の全自動細胞保管設備、及び関連スマート化製品を採用し、業界をリードする5G SAネットワークアーキテクチャをバックに、5G-IoT(モノのインターネット)により異なる自動化設備と各種類のロボットの相互接続と連携を実現する。リモートオペレーションプラットフォームが各地の異なる地域バンクの自動化設備管理、異なる地域のバンクの遠隔運営を実現する。同時にAI(人工知能)、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)、デジタルツイン、エッジコンピューティングなどの技術を使い設備の故障情報を事前に感知・予測することで、設備の信頼性の高い運営を保証する。これらの技術を運用することで、細胞サンプルの全プロセスの低温コールドチェーン、自動化、スマート化操作を実現し、サンプルの質と安全を効果的に高めている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携