中国とロシアの国境流れる黒竜江の呼瑪区間371キロが解氷―中国メディア

人民網日本語版    2021年5月1日(土) 14時20分

拡大

黒竜江省大興安嶺呼瑪県は27日夜、春が訪れ、中国とロシアの国境を流れる黒竜江(アムール川)の呼瑪区間371キロが前年より6~7日早く解氷・流氷期を迎えたと発表した。

(1 / 2 枚)

黒竜江省大興安嶺呼瑪県は27日夜、春が訪れ、中国とロシアの国境を流れる黒竜江(アムール川)の呼瑪区間371キロが前年より6~7日早く解氷・流氷期を迎えたと発表した。呼瑪県の複数の当局は、増水による川の氾濫を防ぐための対策を全力、かつ秩序立てて展開している。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

解氷の時期になると、川には壮大な景色が広がり、季節が移り変わる時に、大自然が見せる独特で美しい表情を堪能することができる。大きな氷が水に浮かぶ川は独特な自然の景観を織りなし、情緒あふれる山水画が広がるような神秘的な雰囲気を醸し出す。

黒竜江の解氷を見るのは初めてという天津から来た観光客・李建成(リー・ジェンチョン)さんは、「友人から聞いて、呼瑪県に旅行に来た。何日も待って、やっと解氷を見ることができた。その景色は圧巻。ショート動画をたくさん友人に送ったところ、皆とても素晴らしいとコメントしてくれた」と話す。

呼瑪県水務局の李延松(リー・イエンソン)局長によると、「呼瑪県は黒竜江の上流に位置し、毎年春の解氷と冬の結氷という圧巻の自然の景色を3~5日間見ることができる」という。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携