王毅外相「インド側の必要に応じて支援したい」―中国

人民網日本語版    2021年4月28日(水) 21時10分

拡大

中国の王毅外相は27日、6カ国の外相による新型コロナ対策協力に関するテレビ会議の議長を務め、「インド側の必要に応じて支援したい」と述べた。資料写真。

中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外交部長(外相)は27日、中国、アフガニスタン、パキスタン、ネパール、スリランカ、バングラデシュの6カ国の外相による新型コロナ対策協力に関するテレビ会議の議長を務めた際に、インド側の必要に応じて支援したい考えを示した。新華社が伝えた。

王外相は、「われわれは今回の会議にインド側も招待した。インドが現在、新型コロナの感染拡大と全力で戦っていることを、われわれは知っている。中国側はインド国内で新型コロナが猛威を振るっていることに深い同情の意を表し、インドの人々に心からの見舞いの意を表する。中国側はいつでもインド側の必要に応じて、インドの人々を支援したい考えであるということを重ねて表明したい。中国の関係企業は政府のサポートを受けてすでに積極的に行動を起こしており、酸素発生器の第1陣はすでにインドに到着した。本日の会議もインドが新型コロナに打ち勝つための一助となることを希望する」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携