チェルノブイリ原子力発電所事故から35年、ベラルーシで追悼式典―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月28日(水) 22時10分

拡大

旧ソビエトのウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所で、史上最悪の原発事故が起きてから丸35年となった26日、ベラルーシの首都ミンスクで、追悼式典が行われた。

旧ソビエトのウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所で、史上最悪の原発事故が起きてから丸35年となった26日、ベラルーシの首都ミンスクで、追悼式典が行われた。

35年前の1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所の試験運転をしていた4号機が突然爆発。大量の放射性物質が放出し、原子力発電開発史上最悪の事故の1つとなった。この事故により、発電所の周囲6万平方キロ以上の土地が汚染され、320万人以上が被爆した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携