「斉魯1号」など商業衛星9基を同時に打ち上げ―中国

人民網日本語版    2021年4月30日(金) 5時30分

拡大

中国は27日午前11時20分に太原衛星発射センターで「長征6号」キャリアロケットを使い、メイン衛星3基「斉魯1号」「斉魯4号」「仏山1号」を予定の軌道に送り込んだ。

中国は27日午前11時20分に太原衛星発射センターで「長征6号」キャリアロケットを使い、メイン衛星3基「斉魯1号」「斉魯4号」「仏山1号」を予定の軌道に送り込んだ。今回の任務ではさらに別の衛星6基「中安国通1号」「天啓星座09星」「起源太空NEO-1」「泰景2号01星」「金紫荊1号」「霊鵲1号D02」が打ち上げられた。新華社が伝えた。

「斉魯1号」「斉魯4号」は主に山東省の国土、都市建設、農業、林業、エネルギー、防災・減災などの業界にリモートセンシングサービスを提供する。一方、「仏山1号」は主に衛星プラットフォーム・一体化設計、カメラ超軽量化設計、高分解能イメージング技術の検証を展開する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携