銘文に「中国」の文字、漢代の銅鏡5枚が清華大学芸術博物館で展示―中国

人民網日本語版    2021年4月28日(水) 22時50分

拡大

「中国古代銅鏡文化と芸術」創立記念シリーズ展がこのほど清華大学芸術博物館で開幕した。各時代を代表する銅鏡400枚以上が展示され、清華大学創立110周年に花を添えている。

(1 / 4 枚)

「中国古代銅鏡文化と芸術」創立記念シリーズ展がこのほど清華大学芸術博物館で開幕した。各時代を代表する銅鏡400枚以上が展示され、清華大学創立110周年に花を添えている。

その他の写真

今回の展示の目玉となっているのは、「中国」の文字が銘文に刻まれている漢代の銅鏡5枚が同時に展示されている点だ。この銅鏡5枚にはそれぞれ「遊中国」、「中国安」、「中国寧」、「中国安寧」、「中国強」と刻まれており、古代の人々の中国が強く勢いが盛んなこと、国民の安寧を望む願いを示している。

銅鏡は中国で悠久の歴史をもち、生活に使われる実用的な道具としてだけではなく、さまざまなデザインや紋様、銘文などが施された文化的内包を備えた芸術品となっている。そして異なる時代の哲学や思想、文化、宗教、芸術、科学技術、民俗や歴史の移り変わりを体現する重要な文化財でもある。

「中国」という文字が最初に確認されたのは西周時代の初期の青銅器「何尊」の銘文で、そこには「余其宅茲中国」と刻まれていた。ここでいう「中国」とは天下における「中央の城」、つまり周王の暮らす場所を指した。前漢時代の中・後期になると、銅鏡に「遊中国」や「中国安寧兵不擾」、「中国大寧」といった「中国」を含む文字が刻まれ始めるようになり、この時代の「中国」はすでに国家という概念の意味が含まれるようになっていた。後漢時代にも、この種の銅鏡の銘文は引き続き用いられており、今回の展示でも目にすることができる「兵革不用中国安」や「中国寧」、「中国強」といった文字が銘文に刻まれており、当時の人々に「中国」という言葉が深く浸透していたことが見て取れる。

同展示は8月22日まで開催予定。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携