10歳男児が車4台に放火、その動機とは?=中国ネット「ゲームじゃなくてよかった」

Record China    2021年4月28日(水) 18時20分

拡大

26日、頭条新聞は、広東省で10歳の男児が「車が爆発するのを見たかった」として複数の自動車に放火する事件が起きたと報じた。

2021年4月26日、頭条新聞は、広東省で10歳の男児が「車が爆発するのを見たかった」として複数の自動車に放火する事件が起きたと報じた。

記事によると、広東省陽江市で18日、小型乗用車2台が燃える火事があり、現場付近の自動車の後部にもかすかに焼けた跡が見られた。警察の調査により、近所に住む10歳の男児が放火していたことが明らかになった。

男児は11日にも別の乗用車に放火したことを認めた上で「テレビで見た爆発シーンがとても刺激的で、車に火を着けて爆発させ、吹き飛ぶ様子が見たかった」と動機を語ったとのこと。中国の刑法では16歳未満の児童による放火には刑事罰を適用せず、保護者に教育の徹底を命じることが規定されているという。

この事件について、中国のネットユーザーは「連続殺人犯は小さいころに放火の経験があるっていうからな」「殺人と放火は今も昔も重罪。刑事罰の適用年齢を8歳まで引き下げることを提案したい」「10歳でも刑に服すようにしてほしい」「保護者が車の持ち主に損害賠償を支払うのは当然として、これは教育の問題。保護者に大きな責任がある」「こんな子どもが大人になるなんて、災いにしかならない」といったコメントを残している。

また、「男児が、ゲーム中の爆発シーンを見てやったって説明しなくてよかったよ」「ほんとそれ。そんなこと言われたらゲームがとばっちりを受けることになる」など、ゲームを愛するユーザーによる安堵(あんど)の感想も見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携