レオ・ローの本業はゲーマー、俳優は副業!?ゲームへの熱中ぶりにファンもハラハラ

anomado    2021年4月30日(金) 0時40分

拡大

ゲームマニアとして知られる俳優レオ・ローが、動画共有サイト・bilibiliで「しょぼんのアクション」に挑む様子が公開され、ゲーム好きやドラマファンからさまざまなコメントが寄せられている。

時代劇のナンバーワンイケメンに選ばれた俳優レオ・ロー(羅雲熙)と、チェン・カイコー(陳凱歌)監督の次男チェン・フェイユー(陳飛宇)が主演するファンタジー時代劇「皓衣行」(原題)の放送が延期となり、ドラマファンの間で落胆の声が上がっている。そんな中、レオ・ローが動画共有サイト・bilibili(ビリビリ)でゲームバトルに生参戦した時の様子が公開され、話題を集めている。

レオ・ローが参加したのは「しょぼんのアクション」という日本発のゲーム。bilibiliでこのゲームのプレイ動画を投稿する人は1000を超え、その難しさと理不尽さに全員心が折れる経験をしてきたといわれる。このゲームに挑戦したレオ・ローも次々と失敗を繰り返し、表情がみるみる変わっていく。

その様子を見たゲーム愛好家からは、「真剣な表情のレオ・ローを見て面白かった」「思い切ってbilibiliでゲーム動画の投稿者になってほしい」「俳優やめてプロゲーマーになれ!」「最初は『レオ・ローがゲーム?』と思ったけど、今は職業を変えてもいいと思った」など、8000ものコメントが殺到した。

以前、レオ・ローはあるインタビューで俳優になった動機を聞かれた時、「お金を稼いでゲーム機を買うため」と答えたことがある。レオ・ローはこれまで何度も自らを「ゲームマニア」と呼び、プロゲーマーと対戦したり、ゲームの実況をしたり、自費で応援チームのグッズを集めたりして、その熱中ぶりに仲間から「ゲーマーが本業、俳優は副業」と言われるほどだった。

bilibiliで注目が集まるレオ・ローに対して、ドラマのファンからは「ゲーム仲間の甘い言葉にだまされないで」「しばらく休んだらドラマの撮影始めようね」「横店影視城はあなたを待っている」など、彼がゲームにのめり込みすぎるのを思いとどまらせるようなコメントが相次いだ。(提供/華流・anomado)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携