観光のピークシーズン迎えた敦煌―中国

人民網日本語版    2021年4月27日(火) 20時40分

拡大

メーデー連休が近づくのに伴い、甘粛省敦煌市への旅行ブームが盛りあがりをみせ、観光のピークシーズンが到来している。

メーデー(労働節、5月1日)連休が近づくのに伴い、甘粛省敦煌市への旅行ブームが盛りあがりをみせ、観光のピークシーズンが到来している。新華網が伝えた。

敦煌市文旅部門の統計データによると、25日の時点で、敦煌市莫高窟や鳴沙山月牙泉など五大景勝地を訪れた観光客は39万6255人に上り、2020年比459.23%、2019年比0.86%、それぞれ増加した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携