新型コロナ感染拡大後初の海外チャーター便が出発―内モンゴル自治区

人民網日本語版    2021年4月27日(火) 20時10分

拡大

内モンゴル自治区で26日、新型コロナウイルスのパンデミックが発生して以来、初めてとなる海外チャーター便がフフホト白塔国際空港を出発した。

内モンゴル自治区で26日、新型コロナウイルスのパンデミックが発生して以来、初めてとなる海外チャーター便がフフホト白塔国際空港を出発した。中国新聞網が伝えた。

海南航空が運航する同チャーター便には、乗客134人、乗員10人が搭乗し、ロシアのチタに向けて出発した。乗客は全員、宝金鉱業集団がロシアで全額を出資して設立した子会社「バイカル・マイニング社」の社員。同社は4月26日、同27日、5月10日の3度に分けて、計342人の社員をロシアに赴かせる計画という。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携