中国の有効発明特許産業化率、2020年は34.7%―知的財産局

人民網日本語版    2021年4月29日(木) 8時50分

拡大

中国国家知的財産権局が26日に発表した「2020年中国特許調査報告書」によると、中国の2020の有効発明特許産業化率は34.7%で、企業の有効発明特許産業化率は44.9%だった。資料写真。

中国国家知的財産権局が26日に発表した「2020年中国特許調査報告書」によると、中国の2020の有効発明特許産業化率は34.7%で、企業の有効発明特許産業化率は44.9%だった。第13次五カ年計画期間(2016-20年)、中国の有効発明特許産業化率は30%以上で安定し、企業の有効発明特許産業化率はいずれも40%以上だった。人民日報が伝えた。

統計によると、2020年の中国の特許移転転化指数は54.7で、2019年比で3.6ポイント増となった。同指数は50をボーダーラインとし、50を上回ると特許移転転化活動が活発であることになる。

調査によると、中国の企業特許権者が権利侵害を受けた後に権利保護措置を講じた割合は73.9%で、2015年の調査データを11.1ポイント上回った。これは特許権者が権利侵害を受けた後、より主体的に自身の合法的な権益を守ることを示している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携