66万人による国民請願が勝利?韓国・江原道の「チャイナタウン」建設が全面見直しに

Record China    2021年4月28日(水) 6時20分

拡大

韓国で反中感情が高まりを見せる中、物議を醸していた江原道の「韓中文化タウン」建設が、事実上失敗に終わった。写真は釜山のチャイナタウン。

韓国で反中感情が高まりを見せる中、物議を醸していた江原道の「韓中文化タウン」建設が、事実上失敗に終わった。4月27日、韓国メディア・ファイナンシャルニュースが報じた。

記事によると27日、「韓中文化タウン」の事業者であるKOLON GLOBAL(コーロングローバル)は、当該事業から撤退する意向を発表。担当者は「これまでに投入してきた時間的・費用な損失を甘受しても事業計画を全面的に見直すつもり」とし、「関連機関と早急に協議を進めたい」と語っているという。

韓国の大統領府国民請願掲示板には、3月29日に「江原道のチャイナタウン建設を撤回させてください」という題名の文章が投稿されており、約66万人から同意を得ている状況である。そのような国民感情を無視できないというのが撤退の理由とのこと。

ただ一方でKOLON GLOBALは、「韓中文化タウン」は韓国や中国の伝統・現代文化を扱う純粋な観光施設であり、いわゆる「チャイナタウン」ではないことを引き続き強く主張しているという。これについては過去に江原道の崔文洵(チェ・ムンスン)知事も、「チャイナタウンではなく文化観光コンテンツ施設」と反論していた。

記事は、「『韓中文化タウン』は江原道洪川郡北方面全峙谷里にある120万平方メートルの敷地に中国の伝統的な庭園やフードゾーンなどの文化体験施設を建設し、中国からの観光客を誘致する計画だった」と説明している。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「中国人が韓国へ来て、中国文化を体験する必要が?」「ここは中国ではなく韓国です」「仁川のチャイナタウンは中国人が多く住んでいるから仕方なく生まれたとして、これはあり得ない」「建設見直しは当然のことだ。KOLON GLOBALは賢い」「江原道の知事はどうかしてる。江原道の美しい自然をきちんと守って」「全面見直しではなく、完全に撤回すべき」「抱川市にも建設される可能性があるから、みんなで力を合わせて反対しよう」など、引き続き建設に反対する声が相次いでいる。(翻訳・編集/丸山)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携