「如懿伝」でも人気の16歳俳優ビエン・チョン、路上喫煙を撮られ謝罪文公開

anomado    2021年4月28日(水) 12時50分

拡大

このほど喫煙動画がネットにアップロードされた16歳の俳優ビエン・チョン(辺程)が26日、中国版ツイッター・微博で謝罪文を公開。コメント欄には“前科”に触れる書き込みも多く集まっている。

このほど喫煙動画がネットにアップロードされた16歳の俳優ビエン・チョン(辺程)が26日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で謝罪文を公開。コメント欄には“前科”に触れる書き込みも多く集まっている。

2004年生まれで16歳のビエン・チョンは、6歳から子役として活動。ドラマ「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」では、乾隆帝の第5皇子を演じて注目され、昨年のドラマ「清平楽」で演じた宦官・梁懐吉役では、撮影当時15歳とは思えない落ち着いた演技が好評で、人気が急上昇した。

このほど、複数の友人と飲食店を出たビエン・チョンが、路上で喫煙する様子を撮った動画がネット上に登場。動画の中では周囲を気にするように見回した後、かなり手慣れた様子でタバコを吸っているのが確認できる。

26日、ビエン・チョンはウェイボーで謝罪文を公開。「皆さんを失望させてしまったことを謝罪します。両親と事務所からの叱責を受け止め、深く反省し、自分に厳しくあるよう努めます」などと書き記し、反省の意思を示している。

しかしコメント欄では昨年、「清平楽」で共演した女優レン・ミン(任敏)と一緒に行ったライブ配信で、レン・ミンをけなす発言を続け、「女性蔑視」「年上への不敬」と視聴者を不快にさせたトラブルに言及する投稿も。この時もビエン・チョンはウェイボーで謝罪文を公開していたが、「反省が生かされていない」といった批判の声も集まっている。(提供/華流・anomado)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携