韓国で警察官の映像が物議、女性1人を制圧するのに9人がかり

Record China    2021年4月29日(木) 21時0分

拡大

26日、韓国・中央日報は「複数の女性警察官が市民1人を制圧する様子を撮影した動画がネット上に出回り、『女性警察官無用論』が持ち上がっている」と伝えた。

2021年4月26日、韓国・中央日報は「複数の女性警察官が市民1人を制圧する様子を撮影した動画がネット上に出回り、『女性警察官無用論』が持ち上がっている」と伝えた。

警察などによると、ソウル市鍾路(チョンノ)区の日本大使館前で24日、韓国大学生進歩連合などの主導で日本の福島第一原発処理水の海洋放出決定に抗議するデモが行われた。動画はこの時に撮影されたもので、1人の女性デモ参加者を女性警察官6人が取り囲み制圧しようとするも、女性参加者は行動をやめず、さらに3人の女性警察官が制圧に加わり、現場が混乱する様子が収められている。

記事によると、動画が拡散されたのは主に男性ユーザーの利用が多いネット上の掲示板で、女性1人に9人もの女性警察官が投入されたことについて「身体的条件が男性警察官に劣るため、非効率的なデモ制圧になっている」という批判的な声が集まっているという。これに対し警察は「相手(デモ参加者)が女性なので女性警察官を動員したにすぎない」「物理力(武器や軍事力など強制的な力)の使用を最小限にするため、複数人で制圧することになった」との立場を示している。

記事は「最近、韓国の警察内部では「男性・女性警察官間の対立が表面化している」としている。ネット上の匿名掲示板に警察庁職員が「女性警察官(機動隊員)にはなぜ当直がないのか」と書き込む事例もあったといい、「20代、30代を中心に火が付いた『男性の逆差別』論が警察社会にも飛び火した」と、記事は説明している。

こうした状況を受け、金昌龍(キム・チャンニョン)警察庁長は19日の会見で、「(論争を招いた男性警察官・女性機動隊の場合)基本的に同じ機動隊だが、役割や任務が異なるため勤務方法も完全に同じではない」「女性機動隊に特恵があると考えることもできるかもしれないが、この点については改めて点検し、また理解を求めていきたい」とコメントしているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「女性警察官も(男性と)全く同じ勤務をすべきだ」「女性警察官、女性兵士は税金の無駄では?」「女性警察、女性消防官も現場でまともに仕事できないのだから不要だ」「私たちが求めているのは女性警察官ではなく、警察官だ」「女性をたくさん採用するほど、男性警察官が苦労するのでは?」「女性のデモ参加者に男性警察官は触れられないのだから、女性警察官は必要だよね」「女性犯罪者、女性被害者がいる限り、女性警察官は必要だ」など女性警察官不要派と必要派、それぞれのコメントが殺到している。

問題の動画についても「9対1って、お遊びかよ」「9人も必要な状況に見えない。過剰制圧では?」「公権力の乱用で浪費だ」「武力での制圧じゃないなら、男性1人を複数の男性警察官で制圧するのだって難しい」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携