5分間で無人船に改造、スマート技術が緊急救援の「人気者」に―中国

人民網日本語版    2021年4月28日(水) 5時50分

拡大

中国安能集団第三工程局の技術者は、「全長7メートルの作業船をスマート運転無人船にするには5分だけで、ワンタッチで手動操作と自動運転を切り替えられる」と述べた。

中国安能集団第三工程局の技術者は、「全長7メートルの作業船をスマート運転無人船にするには5分だけで、ワンタッチで手動操作と自動運転を切り替えられる。スマート技術はすでに緊急救援の『人気者』になっている」と述べた。科技日報が伝えた。

第1回武漢国際緊急安全博覧会が25日、閉幕した。一連のハイテク設備が登場し、中国の緊急救援能力が全面的に高まっている。

中国安能集団の展示館で、説明員が武漢市の厳西湖に位置するスマート救援船を遠隔操作し、航行・巡視を行った。「適応力が高い無人船は危険な水域または未知の水域で巡視、物資輸送、人員救助などの行動が可能だ。危険水域における救援効率を高め、救助人員の死傷を減らせる」

上述した無人船はマイクロ改装モジュール化部品を採用し、元の船の構造、機械・電力設備、動力、電子設備を変えない。従来の無人船と比べると低コストで、実用性が高い。

武漢霊舸動力科技の関係責任者の程鵬(チョン・ポン)氏は、「現在は70メートル以下の船ならばすべて改造できる。これは当社と中国安能集団第三工程局が共同で研究開発した、高速艇のスピーディーでスマートな無人化ソリューションだ。救援隊の従来の高速艇、救助艇をスピーディーに改造し、自主航行、衝突と障害物の回避、巡回や緊急救助などの機能を持つスマート化無人船に変えることができ、コストは従来の無人船の10分の1しかない」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携