1-3月期の海外直接投資は2061億4000万元―中国

人民網日本語版    2021年4月27日(火) 6時50分

拡大

2021年第1四半期(1-3月)の中国の海外直接投資は前年同期比4.6%増の2061億4000万元に上ったという。写真はインド。

中国商務部対外投資・経済協力司の責任者がこのほど、2021年第1四半期(1-3月)の中国の対外投資協力の状況を説明した。それによると、同期の中国の海外直接投資は前年同期比4.6%増の2061億4000万元(ドル換算で317億9000万ドル)に上ったという。同部のサイトが25日に伝えた。

21年同期の中国の海外直接投資は同4.6%増の2061億4000万元で、このうち非金融分野の海外直接投資は同4.9%減の1608億1000万元(ドル換算で248億ドル)だった。対外請負工事の完成工事高はほぼ前年同期と横ばいの1953億1000万元(ドル換算で301億2000万ドル)だった。新規契約額は同10.2%減の3472億4000万元(ドル換算で535億5000万ドル)だった。対外労務協力で派遣した各種労働者は7万4000人、3月末時点の在外各種労働者は59万人だった。

海外直接投資には主に次の4つの特徴が見られた。(1)「一帯一路」(the Belt and Road)沿線国への投資協力が安定して増加した(2)製造や情報伝達などの分野への投資の増加ペースが速かった(3)地方企業による対外投資が増加した(4)対外請負工事がインフラ分野に集中した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携