「平手打ちするぞ」インド文化・観光相、母親のために酸素求めた男性への返答が物議―中国メディア

Record China    2021年4月27日(火) 10時0分

拡大

新型コロナウイルスの感染拡大で医療用酸素が不足しているインドで、病院から酸素提供を断られたことに不平を言った男性に対し、同国の大臣が「平手打ちするぞ」と発言したとして物議を醸しているという。資料写真。

中国のニュースサイト、海外網の25日付報道によると、新型コロナウイルスの新たな感染者が連日30万人を超え、医療用酸素の不足が深刻化しているインドでこのほど、病院から母親への酸素提供を断られたことに不平を言った男性に対し、同国のプラハラード・シン・パテル文化・観光相が「平手打ちするぞ」と発言したとして物議を醸しているという。

公開された動画によると、男性はパテル氏に近づき、(新型コロナに感染した)母親が酸素を必要としているとした上で、「もう36時間たった。私たちは絶望している。彼ら(病院)は酸素を提供すると言ったが、まだ提供されていない。なぜ彼らは酸素を提供できないと私たちに言わないのか」と話した。

パテル氏の事務所は、同氏の発言について、男性に対する脅しではなく男性が病院関係者を侮辱するような言葉を使ったことを叱責しただけだと説明したが、ネット上では怒りの声が上がっているという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携