上海にある絶対行きたい長さ12キロのバラの垣根―中国

人民網日本語版    2021年4月26日(月) 20時40分

拡大

上海市嘉定区の迎賓路では、あちらこちらでバラの花が満開になり、目を奪われるほどの鮮やかさだ。

上海市嘉定区の迎賓路では、あちらこちらでバラの花が満開になり、目を奪われるほどの鮮やかさだ。同区新成路街道は2017年から区内の主要道路15本に3万株のつる植物を植え、長さ12キロメートルにわたるバラの垣根を作りあげている。これらのバラの垣根により、道路はまるで詩や絵のような景色が広がり、美しさあふれる生態環境の名所になっている。人民網が伝えた。

この生態環境の名所をより輝かせるため、同区は花をモチーフに第1回バラの花祭りを開催し、バラ夜市も同時に開催することを決めた。オンライン方式とオフライン方式を通じて、文化観光資源と長さ12キロのバラの垣根を融合させ、花の観賞、グルメ、ショッピング、農場観光などが一体になった花を楽しむレジャー観光地図を打ち出している。

バラの花祭りは4月23日から5月5日まで12日間にわたって開催される。会期中、主催者は「クラウドでバラ鑑賞」撮影展、バラの花の下・広場ダンスコンテスト、バラの花の下・新青年のパワー特別イベントなどを実施するほか、商業貿易フェス、文化フェス、読書フェスといったバラをブランドに掲げた文化イベントも行うという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携