史上初のオリンピックバーチャルシリーズが5月13日から開催―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月23日(金) 19時10分

拡大

IOCは22日、5つの国際スポーツ連盟とゲームパブリッシャーと提携して、オリンピックバーチャルシリーズを開催すると発表した。

国際オリンピック委員会(IOC)は22日、「野球」、「サイクリング」、「ローイング」、「セーリング」、「モータースポーツ」の5つの国際スポーツ連盟(IF)とゲームパブリッシャーと提携して、オリンピックバーチャルシリーズ(OVS)を開催すると発表した。IOC公認のOVS開催は初めてのこととなる。新華社が伝えた。

OVSは東京オリンピックに先立ち、5月13日に始まり、6月23日まで続く。世界中のバーチャルスポーツやエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)愛好家に、参加を呼びかけている。5競技はいずれも、各ゲームパブリッシャーを通して開催される。大勢の参加者を対象としたこのシリーズでは、世界中の人々が自宅で競技に参加可能な点は注目に値する。

IOCのトーマス・バッハ会長は「OVSは、新しいユニークなオリンピックデジタル体験。その構想は、「オリンピックアジェンダ2020+5」に沿ったもので、バーチャルスポーツの分野の愛好家と、視聴者との関わりを深め、スポーツへの参加を奨励し、特に若者に焦点を当ててオリンピックの価値観を促進するのがその目的」とコメントした。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携