鈍行列車に乗るブタやヒツジの乗車賃めぐり、車掌がコメント―四川省

人民網日本語版    2021年4月25日(日) 21時40分

拡大

四川省の貧困者支援の一環として運行されている「鈍行列車」にブタやヒツジが乗っている動画がネットで話題になっていることを受け、車掌がコメントした。

四川省の貧困者支援の一環として運行されている「鈍行列車」にブタやヒツジが乗っている動画がネットで話題になっていることを受け、劉偉(リウ・ウェイ)車掌がコメントした。ラジオ「中国之声」が伝えた。

劉車掌は、「一般的には、ブタやヒツジなどの家畜を乗車させた場合、専用の貨車に載せ、客車とは分けている。家畜は独特の臭いがするが、乗客はそれについて理解してくれている。もし、乗客が連れてきた家畜の数が少なく、1、2頭であれば、乗車代金は徴収しない。頭数が20~30頭に上る場合は、別途持ち込み料金を徴収する。もっともその場合でもせいぜい20~30元(約330~500円)ほど」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携