コカ・コーラに続きP&Gも値上げを発表―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月23日(金) 17時0分

拡大

製造コスト上昇の圧力に迫られて、コカ・コーラ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、キンバリークラークなど複数の多国籍消費財大手メーカーがこのほど、自社製品の値上げ計画を発表した。

製造コスト上昇の圧力に迫られて、コカ・コーラ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、キンバリークラークなど複数の多国籍消費財大手メーカーがこのほど、自社製品の値上げ計画を発表した。理由はコモディティ価格の上昇が企業経営に圧力を与えたことだという。北京日報アプリが伝えた。

日用品の世界大手P&Gは21日、「今年9月よりベビー・子ども用品、大人用紙おむつ、生理用品を値上げし、値上げ幅は5~9%になる」と発表した。P&Gは一番最近に値上げを発表した消費財メーカーであり、値上げを発表したメーカーの中で最も大規模な企業だ。またP&Gは、「これはより広い範囲の製品値上げの前触れになる可能性がある」としている。

P&Gによると、値上げの理由は樹脂やパルプなどの原材料コストの上昇、及び輸送費の増加だ。今年2月に米テキサス州を襲った寒波により化学工場が閉鎖し、ポリエチレン、ポリプロピレン、その他の化学製品が過去数年で最高の水準に値上がりした。P&Gのジョン・メラー最高執行責任者(COO)は、「これは私がP&Gに来てからの33年間で、コモディティの原材料価格の値上がり幅が最も大きかったケースだ」と述べた。

メラー氏は、「値上げ実施後、消費者心理を安定させるため、当社は既存の製品を改良し、機能を充実させる」と述べた。

P&Gの傘下には、パンテーン、リジョイス、h&s(エイチアンドエス)、セーフガード、ウィスパーなどのブランドがある。

P&Gは20日、2021年度第3四半期(1-3月)の決算を発表した。同期の純売上高は前年同期比5%増の181億900万ドルに上った。純利益は同10%増の32億4900万ドルだった。P&Gは決算の中で、21年度は全体の売上高とオーガニック製品の売上高が同5~6%増加すると予想した。

P&Gだけでなく、紙製品メーカーのキンバリークラークも値上げを発表し、6月末からベビー・子ども用スキンケア製品、成人用スキンケア製品、スコットブランドのトイレットペーパーを値上げし、値上げ幅は5-9%になるとした。

日用品メーカーだけでなく、コカ・コーラもこのほど値上げを発表した。そして、微博(ウェイボー)で瞬く間に人気検索ワードになった。コカ・コーラが今週になって述べたところによると、「今後12カ月間から18カ月間のコモディティをめぐる環境は挑戦に満ちたものになり、プラスチック、アルミ、果糖ブドウ糖液糖などの材料に値上げの兆しが見える。当社はインフレ圧力に対処するため、値上げを計画した」という。

コカ・コーラのジェームズ・クインシー最高経営責任者(COO)は、「当社は2021年にしっかりしたヘッジ措置を行ったが、2022年は圧力がさらに大きくなるとみられる。そこで値上げせざるを得なくなった。将来的にはパッケージやサイズの変更などに注力し、より細やかに価格を引き上げ調整する」と述べた。

現在、米国の物価からくる圧力が徐々に顕在化している。先に発表されたデータでは、米国の3月の消費者物価指数は同2.6%上昇し、18年秋季以来の最高を更新し、米連邦準備制度理事会(FRB)のインフレ目標の2%前後を上回った。

FRBのパウエル議長は先週、「FRBはインフレ率が一定期間内は2%を適度に上回ることを願っている」と述べ、FRB関係者の大半は、「2024年まで金利の引き上げはない」と見ている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携