新垣結衣のH&Mアンバサダー就任に複雑な中国人

Record China    2021年4月23日(金) 18時40分

拡大

中国にもファンの多い「ガッキー」こと新垣結衣が、ファッションブランドH&Mのアンバサダーに就任したことが中国版ツイッター・微博で紹介された。写真は閉店に追い込まれた中国のH&M。

中国にもファンの多い「ガッキー」こと新垣結衣が、ファッションブランドH&Mのアンバサダーに就任したことが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介された。

ガッキーがアンバサダーを務めるのはゴールデンウイーク中のキャンペーン「LET’S CHANGE」。スタートは27日からで、変化やチャレンジを恐れず未来に向かって進めるよう応援するメッセージが込められているという。

これを微博で紹介したシンガポール華字メディアの聯合早報は「最近、H&Mは新疆ウイグル自治区産綿花の使用を拒否したことで中国のネットユーザーのボイコットに遭い、中国の多くの芸能人の契約解除を招いた」とした上で、ガッキーのアンバサダー就任に中国ネットの反応は分かれたと指摘。具体的には「ガッキーが慎重に考え直すよう願ってる」「ガッキーともう離婚していることをここではっきり表明します」という声がある一方、「中国人ではないのだからどっちでも構わないよ」との声も聞かれた。この他、あるサイトでは「私がH&Mの商品を買わないこととガッキーファンであることに何の矛盾もない」などのコメントが寄せられたことが紹介されている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携