中国、水素ステーションを128カ所開設―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月25日(日) 20時0分

拡大

2020年末時点の世界の水素ステーション数は約544カ所。中国は128カ所を開設しており、水素燃料電池車の累計保有台数が7000台以上に上っている。

中国水素エネルギー連盟が21日に開いた第14次五カ年計画水素エネルギー産業発展フォーラムで明らかにしたところによると、2020年末時点の世界の水素ステーション数は約544カ所。中国は128カ所を開設しており、水素燃料電池車の累計保有台数が7000台以上に上っている。人民日報が伝えた。

中国の2019年の水素ガス生産量のうち、石炭からの水素製造は63.54%、天然ガスは13.76%、工業副産物は21.18%で、水電解は約1.52%しかなかった。生産能力は西北、華北、華東地域に集中している。多くの専門家によると、気候変動対応という大きな背景のもとで、再生可能エネルギーによる水素製造が将来の主な取り組みの方向性となっている。

将来的に、風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーの水電解による水素製造は、コスト面で競争力を持つだろうか。中国水素エネルギー連盟専門家委員会の余卓平(ユー・ジュオピン)会長は「中国の風力発電と太陽光発電の新規設備容量の発電コストが1kWhあたり0.3元(約5円)に低下すれば、再生可能エネルギーの水電解による水素製造コストは1キログラムあたり約25元(約410円)に低下し、天然ガスによる水素製造と競争できる。2030年に再生可能エネルギーの発電コストが1kWhあたり0.2元(約3.3円)に低下すれば水電解による水素製造コストが1キログラムあたり15元(約250円)に低下し、現在の化石エネルギーに二酸化炭素貯留技術を加えた水素製造の価格と競争できる」と分析した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携