中独外相がテレビ会談、「デカップリング」の逆流阻止に尽力―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月22日(木) 17時40分

拡大

中国の王毅外相は21日、ドイツのマース外相とテレビ会談を行った。

(1 / 2 枚)

中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外交部長(外相)は21日、ドイツのマース外相とテレビ会談を行った。

その他の写真

王部長は、「昨年以来、中独関係は全体的に安定を保っている。包括的戦略パートナーとして、中独は常に相互尊重という重要な原則と貴重なノウハウをしっかりと押さえ、対話と協力という主旋律を堅持し、協力・互恵・ウィンウィンという積極的なメッセージを対外発信している。双方は共にいわゆる『デカップリング』の逆流を阻止し、多国間主義の擁護者、世界の発展への貢献者であるべきだ」とした。

マース外相は、「ドイツは対中関係を非常に重視しており、各分野で対話を増進し、実務協力を強化し、グローバルな問題や試練に共同で対処することを望んでいる」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携