中国人の消費ランキング上位3品目は?一番の買い物好きはどこの人か―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月23日(金) 7時50分

拡大

2020年は新型コロナの影響により、人々の消費意欲はほとんど押さえ込まれていた。そんな状況の中、買い物かごの中身で一番人気があったのは何だろうか。写真はiPhone12。

2020年は新型コロナの影響により、人々の消費意欲はほとんど押さえ込まれていた。そんな状況の中、買い物かごの中身で一番人気があったのは何だろうか。中央テレビニュースが伝えた。

「中国の素晴らしい生活大調査」によると、20年の中国人の消費ランキング上位3品目には、「パソコン、携帯電話などのデジタル製品」(48.7%)、「家電」(41.72%)、「旅行」(33.42%)が並んだ。

この大調査で7大消費エリアの消費を比較すると、一番買い物が好きなのは凍えるように寒い東北地域の人々だということがわかった。上位3位に並んだ商品の「大口顧客」はいずれも東北の人だった。東北は非常に寒い地域だが、それでも生活をこよなく愛し消費への意欲を燃やす東北人の消費熱が冷まされることはない。

この1年間、人々は大半の時間を家に閉じこもって過ごしたが、東北人の買い物熱は逆に大いにかき立てられた。東北人の自由時間は完全に「ネットショッピング」に奪われ、7大エリアの中でもネットショッピングに費やす時間が一番長かった。

氷点下20数度に冷え込む低温であろうと、大雪が舞い散ろうと、ネットがあれば、東北人も他のエリアの人々と同じように「世界中のものを爆買いする」ことができる。多くの東北の都市の中で、ハルビンと長春は買い物熱が最も高い2都市だった。

買い物好きの東北人と異なり、華北地域の人々は過ぎ去った20年にはヘルスケアに最も情熱を注いだ。

数年ほど前、ヘルスケアは東北人の大のお気に入りだったが、ネットショッピングに入れ込むようになると、東北人はヘルスケアランキングの首位の座を明け渡した。

7大エリアの買い物かごにはどんな違いがあるだろうか。大調査によると、西南地域の人々は自動車の購入意欲が最も高いという。

華南地域と西北地域の人々は不動産を買うのが好きで、20年には華南人の20.94%が不動産を購入した。不動産好きな華南人は、文化娯楽関連の消費でも他の地域を明らかに上回った。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携