スーパーハイブリッド稲「超優千号」、雲南省紅河州に定植―中国

人民網日本語版    2021年4月24日(土) 15時0分

拡大

育苗が完了した袁隆平スーパーハイブリッド稲「超優千号」が20日、雲南省紅河州袁隆平スーパーハイブリッド稲の蒙自拠点から田んぼに定植された。

(1 / 2 枚)

雲南省紅河州党委員会宣伝部が21日に明らかにしたところによると、育苗が完了した袁隆平スーパーハイブリッド稲「超優千号」が20日、雲南省紅河州袁隆平スーパーハイブリッド稲の蒙自拠点から田んぼに定植された。「超優千号」の今年の1ムー(約6.7アール)あたり生産量は1200キログラムを上回る見通しだ。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

「超優千号」スーパーハイブリッド稲の開発試験が2017年に蒙自市で開始されてから、生産量が毎年増加している。2020年は1ムーあたり1134.6キログラムに達したのに対して、今年は1200キログラムを上回る見通しだ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携