中国への強硬姿勢が鮮明、オーストラリアが「一帯一路」めぐる合意を取り消し、中国は反発―台湾メディア

Record China    2021年4月22日(木) 12時30分

拡大

21日、台湾メディアNewtalkは、オーストラリアのビクトリア州が中国との「一帯一路」合意取り消しを発表し、中国側が反発していると報じた。写真はオーストラリアの中国大使館。

2021年4月21日、台湾メディアNewtalkは、オーストラリアがビクトリア州と中国との「一帯一路」合意取り消しを発表し、中国側が反発していると報じた。

記事によると、オーストラリアのマリズ・ペイン外相は21日、連邦政府がビクトリア州と中国の「一帯一路」合意を取り消すことを表明し「合意項目がわが国の外交政策にそぐわない、あるいはわが国の外交関係にとって不利になると認識している」とコメントした。

問題となっている合意は同州が2018年に中国との間で署名したもので、中国に借金をするという問題がオーストラリア国内で物議を醸した。記事は、オーストラリア連邦議会が昨年、各州政府が外国との間で署名した「国家の利益にとって脅威になると思われる合意」を連邦政府が取り消しできるようにする法案を可決したことを紹介。スコット・モリソン首相は「特定の国を想定したものではない」としたものの、中国をターゲットにしたものとの見方が一般的だったとしている。

駐オーストラリア中国大使館の報道官は21日に「オーストラリア政府の措置は、中国に対する不条理な挑発行為であり、中豪関係改善に向けた誠意のなさを改めて表明するもの。必ずや両国関係にさらなる損害を与え、自ら置いた石につまづくことになるだろう」と反発した。

記事は、オーストラリア政府が昨年4月、国際社会に対し湖北省武漢市での新型コロナウイルスの発生源に関する調査を行うよう呼び掛けたほか、香港、南シナ海、新疆の問題でも中国に対して批判的な姿勢を示してきたと紹介。中国に対する強硬な姿勢を一層強めているとした。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携