中国指導部の対立激化? 温家宝元首相の寄稿文が物議

Record China    2021年4月22日(木) 9時30分

拡大

米中対立の行方が見通せない中で、温家宝元首相の寄稿文が話題になっている。果たして習近平体制は磐石なのか。

米中対立の行方が見通せない中で、温家宝元首相の寄稿文が話題になっている。そして、それをめぐるSNSの投稿が中国当局に削除されたことが、習近平体制内の権力争いの現れではないかと、日本の一部のメディアが取り上げている。

おりしも、海南島で開かれたボアオ・アジアフォーラムには、コロナ禍にもかかわらず世界から4000人もの参加者が出席し、習近平主席は自信に溢れた演説をした。バイデン米大統領が主催する気候変動サミットに習近平主席は出席する見通しだ。

果たして習近平体制は磐石なのか。元外交官の天木直人氏が福井県立大学名誉教授の凌星光氏に鋭く迫る。詳しくは動画をご覧ください。

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携