キュートな出土品?ネコ足型の金の装飾品発見―山西省

人民網日本語版    2021年4月22日(木) 15時50分

拡大

山西考古研究院が進めている周代の北白鵝墓地における緊急発掘調査において、500点以上の出土品が確認されている。

(1 / 5 枚)

山西考古研究院が進めている周代の北白鵝墓地における緊急発掘調査において、500点以上の出土品が確認されている。その中でM1発掘現場から出土した5点の金製装飾品は、今から約2700年前のものとみられており、その形は一見するとネコ足のようなキュートな形状をしていた。

その他の写真

北白鵝墓地考古学チームの関係者によると、この墓地の主は男性で、「金のネコ足」はこの男性の腰のあたりにつけられていた装飾品の一部とみられている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携