中国で約8000万年前の恐竜の卵殻を発見―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月22日(木) 9時50分

拡大

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の汪筱林研究員のチームは陝西省の山陽盆地と山東省の莱陽盆地で近年、大量の恐竜の卵殻のかけらの化石を採集した。化石の年代は今から約8000万前-6600万年前。

(1 / 2 枚)

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所が20日に明らかにしたところによると、同研究所の汪筱林(ワン・シャオリン)研究員のチームは陝西省の山陽盆地と山東省の莱陽盆地で近年、大量の恐竜の卵殻のかけらの化石を採集した。化石の年代は今から約8000万前-6600万年前。

その他の写真

最新の研究によると、これらは広東省の南雄盆地の恐竜の卵「坪嶺叠層卵」と差が少なく、北米のマイアサウラの卵の殻に似ているため、その母体の恐竜はハドロサウルス科に属すると推測されている。同研究はさらに恐竜の卵の円形卵科の化石分類に関する分析を掘り下げ、海外のその他の円形卵科における分類の位置を修正した。また、これらの卵を産んだ母体に関する議論に新たな証拠をもたらした。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携