2020年に5Gがもたらした直接的な経済効果は8000億元以上―中国

人民網日本語版    2021年4月23日(金) 6時50分

拡大

中国情報通信研究院の調査結果によると、2020年に5Gがもたらした直接的な経済効果は8000億元以上に上ったという。

「中国情報通信研究院の調査結果によると、2020年に5Gがもたらした直接的な経済効果は8000億元(約13兆2800億円)以上に上った」。19日午後、ボアオ・アジア・フォーラム2021年年次総会の「5Gの未来」分科会で司会が発表した一組のデータについて、出席者が熱く議論した。新華社が伝えた。

中国移動通信(チャイナ・モバイル)の楊傑(ヤン・ジエ)会長は、「この8000億元のうち半分は5G携帯端末の分で、そして約2000億元はネットワーク建設への投資で、残りの2000億元弱は5Gの情報サービスの分だ」と述べた。

中興通訊(ZTE)の李自学(リー・ズーシュエ)会長は「5Gはすべての業界に力を与えることができ、スマート製造、運営・メンテナンスモニタリングリモート化などが5Gを大量応用するシーンになる」と述べた。華為(ファーウェイ)の副会長で、輪番会長の胡厚崑(フー・ホウクン)氏は「5Gは消費者向けと各業界向けの2本のコースを敷いた。中国国内の港湾、鉱山、医療、製造などの業界が5G応用の積極的な推進を開始している」と述べた。

中国情報通信研究院が発表した「中国5G発展と経済社会影響白書(2020年)」によると、2020年に5Gがもたらした直接的な経済効果は8109億元で、直接的にもたらした経済付加価値は1897億元。間接的にもたらした経済効果は約2兆1000億元で、間接的にもたらした経済付加価値は7606億元。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携