中国で労働者の「集団転職」が進行、新規デリバリー配達員の4割は製造業から―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月22日(木) 8時50分

拡大

急成長を遂げている中国のインターネットサービス産業は、一気に水を吸うスポンジのように、今やますます多くの青年や壮年の労働者を取り込んでいる。

急成長を遂げている中国のインターネットサービス産業は、一気に水を吸うスポンジのように、今やますます多くの青年や壮年の労働者を取り込んでいる。あるデリバリー配達員は、「工場で働いて5000~6000元(約8万3000~10万円)稼ぐより、配達をして3000~4000元(約5万~6万7000円)を稼ぐ方を選ぶ」と話す。中国中央テレビ局(CCTV)のビジネスチャンネルが伝えた。

ある統計によると、2019年、中国の宅配便業務従事者は1000万人を超えたほか、飲食のデリバリー配達員の数もすでに700万人を超えた。2020年に新型コロナウイルス感染拡大が発生し、労働者の産業間の移動がさらにエスカレートした。あるプラットホームが公開している統計によると、新型コロナウイルス感染拡大期間中の2カ月間で、新規配達員が58万人増えた。そのうち40%は製造業からの転職だった。専門家によると、これらの「労働者の集団転職」とは実際には、高いスキルが求められない加工・製造業から、サービス業の中でも高いスキルが求められない宅配便やデリバリーの配達員への移動になっているとしている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携