中国、世界最大規模の5Gモバイルネットワークをほぼ構築―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月21日(水) 19時0分

拡大

国務院新聞弁公室で19日に開催された国務院政策定例ブリーフィングで、中国工業・情報化部の劉烈宏副部長は中国のネットワーク建設の成果を紹介した。

国務院新聞弁公室で19日に開催された国務院政策定例ブリーフィングで、中国工業・情報化部の劉烈宏(リウ・リエホン)副部長は中国のネットワーク建設の成果を紹介した。新華社が伝えた。

劉氏は、「第13次五カ年計画がスタートしてから、中国は世界最大規模の情報通信ネットワークを構築した。光回線・ブロードバンドの利用者は2015年末の56%が94%まで上昇し、行政村の光回線と4Gのカバー率はどちらも99%を超えた。国際的通信速度調査機関がまとめたデータによると、中国のモバイルネットワーク通信速度は世界の139の国・地域の中で4位だった」と述べた。

5Gネットワークについて同部のデータを見ると、中国はすでに世界最大規模の5Gモバイルネットワークをほぼ構築している。21年2月末現在、建設済みの5G基地局は累計79万2000カ所に上り、5Gネットワークに接続する端末数は2億6000万台に達した。下半期の5Gスマートフォン出荷量は80%前後占めると予測される。

「中国情報通信研究院の調査結果によると、5Gが2020年に直接もたらした経済の生産総額は8000億元(約13兆3600億円)を超えた」。19日午後に行われたボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会の分科フォーラム「5Gの未来」で、司会者が紹介したこのデータが参加者の間に熱い議論を巻き起こした。

同研究院が発表した「中国5G発展と経済社会への影響白書(2020年)」によると、20年に直接もたらした経済の生産総額は8109億元で、直接もたらした経済の付加価値額は1897億元、間接的にもたらした経済の生産総額は約2兆1000億元、間接的にもたらした経済の付加価値額は約7606億元だったという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携