上海モーターショーで女性が車の上に乗って権利訴え―中国

Record China    2021年4月20日(火) 15時20分

拡大

中国上海市で19日、同日開幕した上海モーターショーの展示ブースで女性がテスラ車の上に乗ってブレーキの不具合を訴える騒ぎがあった。

中国上海市で19日、同日開幕した上海モーターショーの展示ブースで女性がテスラ車の上に乗ってブレーキの不具合を訴える騒ぎがあった。

会場で騒ぎを起こしたのは女性2人で、うち1人が制止を振り切って車の上に立ち、「ブレーキがきかない」と叫び声を上げた。この女性は「ブレーキがきかない」とプリントされたTシャツも着用。警察の20日の発表によると、2人はテスラ側とトラブルになっており、当日は会場でその不満を訴えた。車の上に立った女性は公共秩序を乱したとして5日間の行政拘留に処され、もう1人は行政警告を受けたという。

警察は「消費者は合法的かつ合理的な手段で権益保護を訴えるべきで、過激な行動を取ってはならない。さもなくば法的責任を負うことになる」と呼び掛けており、この騒ぎに中国のネットユーザーからは「正当な方法で権利を守るべきだ」「警察を支持する」「権利保護は法的な方法で行うべきで、だだをこねて暴れるのは法制社会に合わない」「冷静になって問題を解決しよう」という声が上がる一方、「権利を守る手段があるなら誰が騒ぎを起こすだろう」「庶民の権利保護が難しいことを事実が証明した」「問題は正規の手段だと権利が守られないということ」などの声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携