中国がRCEP国内批准手続きを完了―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月20日(火) 9時50分

拡大

駐ASEAN中国大使のトウ錫軍氏は15日、ASEANの林玉輝事務局長に、「地域的な包括的経済連携(RCEP)協定」批准書を寄託した。資料写真。

駐ASEAN中国大使のトウ錫軍氏は15日、ASEANの林玉輝事務局長に、「地域的な包括的経済連携(RCEP)協定」批准書を寄託した。これは中国がRCEPの国内批准手続きを完了して、ASEANメンバー以外で初めて同手続きを終えたRCEP加盟国になったことを意味する。新華社が伝えた。

駐ASEAN中国使節団によると、中国は、協定が発効した時に協定の義務を全面的に履行できるよう確保するため、RCEPが実施する技術関連の準備作業の推進に大きく力を入れている。中国商務部は全国規模でRCEPオンライン研修を2回実施し、地方政府、業界仲介機関、企業がRCEPのルールを全面的に理解し、市場競争の中で協力・発展の可能性を広げるよう努力することをサポートしてきたという。

RCEP交渉は2012年にASEAN10カ国が立ち上げ、対話パートナー国であるオーストラリア、中国、インド、日本、韓国、ニュージーランドの6カ国に参加を要請した。第3回RCEP首脳会議は19年11月にタイ・バンコクで開催され、そして共同声明を発表し、インドを除く15カ国がすべての協定文書の交渉、及び実質的な市場参入に関するすべての交渉を終了したと発表した。20年11月には、この15カ国が協定に署名した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携