日中韓の教育ドラマ、それぞれの違いはどこにあるか―中国紙

Record China    2021年4月17日(土) 19時30分

拡大

16日、環球時報は、日中韓3か国の教育ドラマについて、それぞれ異なる「痛点」を持っているとする記事を掲載した。

2021年4月16日、環球時報は、日中韓3カ国の教育ドラマについて、それぞれ異なる「痛点」を持っているとする記事を掲載した。以下はその概要。

かつて中国で制作された教育系ドラマは大学入試、中学入試一辺倒であったが、その軸はだんだん下に降りてきて、今では「スタートラインの時点で子どもを負けさせてはならない」というのが劇中のテーマになっている。

このところ人気を集めている国産教育系ドラマの「小捨得」は両親と子どもが直面する入試を巡る困難がテーマになっている。再婚家庭、階層差、教育のストレス、生まれ育った家庭環境などの要素が綿密に織り込まれており、「超リアルな内容だ」という声が後を絶たない。

また、3月に放送開始した家族ドラマ「あなたと一緒に成長する」は小学校受験にスポットを当て、「2番ではだめ」という思想を子どもに押し付けた親がうつ病を患う、「のびのび教育」を目指すなかで周囲の親からプレッシャーを受けてわが子にエリート教育をさせるも、子どもが体調を崩してしまうといったストーリーを描いている。そこには教育問題に対する反省というメッセージが込められているのだが、実際に子を持つ保護者の視聴者は「自分も後れを取ってはいけない」と焦ってしまうのである。

ヒットする国産ドラマは過去の作品の経験を踏まえるとともに、社会や子を持つ親の焦りを取り込んで作られているため、知らず知らずのうちに焦りを助長する結果になるのだ。

お隣の日本では、熱血教師が学校で起こる不良やいじめといった問題を解決していくストーリーがお決まりだったが、2005年の「女王の教室」が日本の教育ドラマの新時代を切り開いた。同作品は、冷酷で厳しい女性教師と24人の児童との「戦い」に焦点を当てたもので、センセーションを起こした。ここから、日本の教育ドラマは「熱血もの」から様々なテーマを取り扱う多元化への道を進むことになった。

一方、近年の韓国教育ドラマは社会階層の差によって生じる教育の不公平にスポットを当てており、その内容に大衆が強い共感を覚えるケースが目立つ。

国産ドラマ同様、日韓両国の教育ドラマも絶えず変化し続けている。日韓両国は題材や登場人物像といった点での新機軸を探し求めている。教育が社会全体の関心事となる中、既存テーマの殻を破ることが、中国国産教育ドラマが引き続き目指す道なのである。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携